オーダー家具の作り方

オーダー出来るからこそ、様々な要望か叶う

家具を買う際、大きさや形、機能美や使用されている材質、全てが納得のいく場合はそう多くありません。実際に買ってみたものの、自分の部屋には合わない色や大きさ、デザインだったら後悔してしまいます。そう言った様々な家具の部分を、自分で決められるのがオーダー家具なのです。
オーダー家具というと、少し前まではレザー張りのソファーやダイニングテーブル等、高級な物がメインでした。しかし近年は大きく変わり、テレビ台やシンプルなラック等の身近な物が低価格で購入できます。値段は高さや横幅、使用する素材によって変える事ができ、予算や部屋の雰囲気に自由に合わせられます。収納家具の場合は、棚板の枚数まで自分で選択できます。

作る前に、いろいろ考えましょう

家具自体の大きさを自由に決められるので、置く場所の採寸は大事です。床や壁の左右上下ギリギリまで図るといいです。くれぐれも採寸の際、メジャーが斜めにならないように気を付けましょう。巻き尺より金属製のメジャーが図りやすいです。家具の設置場所によっては、コンセントの位置にも注意したいです。
子供用のデスク場合、ランドセルを置く事も考えておきたいところです。デスクの横に、ランドセルを置くキャスター付きのワゴンラック等もオーダー出来ます。ダイニングチェア等の椅子は、背もたれや肘掛のデザインが近年豊富な種類存在します。テレビや雑誌で見かける様なユニークなデザインも多いです。座面の張地も材質はもちろん、カラーバリエーションが豊富です。